浮き沈みの毎日

3年遊んで 3年笑って 3年眠って 10年踊る♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

仙台から帰って

仙台へは毎年行っているので、仙台に泊まって、翌日は塩釜、石巻、松島、女川、南三陸、あと南のほうや山のほうも行った。

まだまだ仮設住宅で暮らしている方もいるし、プレハブを利用した◯◯商店街なんてのもある。

しかし、震災後1〜2年の時は、瓦礫や津波に壊された家がそのままあったりして、津波の物凄さを目にしたけれど、再開発も進んで、「津波がかつてここまできましたよ」という表示だけが、過去に津波があったことを示しているような風景もある。

元の通りには絶対に戻らないけれど、ほんとに少しずつかもしれないけれど、前に進んでいるなと感じる。

問題は福島なのだ。

未だに帰ることもできない人もいるし、放射能は漏れているし、大雨が降ったら海にも流れ出る。

いくら安くできようが、利権を手放したくない人がいようが、何かあった時に、何年も何十年も、人が手出しできないような物を作っちゃいけないのだ。
だいたい、何もなければ安全って、なんなんだよ。

三宅伸治の福島へのメッセージが、自分の言いたいことのほとんどなので、貼っておきます。

スポンサーサイト

| 日々の生活 | 06:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nicklow.blog19.fc2.com/tb.php/4462-9812717d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT