浮き沈みの毎日

3年遊んで 3年笑って 3年眠って 10年踊る♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

映画のこと

映画館っていうのは、極端な事言うと、観客が1人でも100人でも、かかる経費はさして変わらないので、例えば、公開も後半になると値段を下げるとか、2回目の人は半額にするとか、もうちょっと集客に力を入れてもいいのにね。

名画座も少なくなった。
(昔、見にいってた小倉の昭和館は、まだあるかな?と調べたら、2館に増えててビックリ!)
名画座というのは、公開終わって、しばらく経った作品を安く上映してる映画館で、たいてい2本立てである。
指定席もなければ、入れ替えもない、だいたい建物自体が古いので椅子なんて固い。
しかし、あんまり行くことはなくて、なぜかというと、2本のうちの1本は見たことあったり、両方見ると4時間近く必要だったりで、まあ時間に余裕もないといけないのだ。
だったら旧作を1本500円だか700円だかで見られるほうが嬉しい。

中学生の頃だったか、薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」を見にいったら、同時上映の「燃える勇者」のほうが面白く、主演の真田広之に憧れ、JACに入ろうかとも思ったのだった。若気の至りw
スポンサーサイト

| 映画 | 11:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://nicklow.blog19.fc2.com/tb.php/4180-d17a0552

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT