浮き沈みの毎日

3年遊んで 3年笑って 3年眠って 10年踊る♪

2010年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

深川黄表紙掛取り帖

深川黄表紙掛取り帖 (講談社文庫)深川黄表紙掛取り帖 (講談社文庫)
(2005/11/15)
山本 一力

商品詳細を見る


宇宙に行きたいと思わないけど、もし行けるなら、江戸時代の江戸や大坂に行ってみたいと思う。
幕末でも戦国でもなく、平和になって、町人達が芝居や落語や祭りを楽しんでいるそんな時代に。

なので、落語も小説もそんな時代の物が好きだ。
実際は想像とは違うのかもしれないけれど、現代にある便利な物が全然にないのに、それでも、うらやましくなるくらい人々は生き生きと生活している。
そんな所に僕らは惹かれるのだろう。
だから、落語や時代小説はずっと人気があるのだ。

「深川黄表紙掛取り帖」
深川の若者4人の所へ、次々と厄介事が持ち込まれる。
4人は知恵を出して、江戸中を巻き込みながら、それを解決していく話。
どうやって解決するのだろう?という問題ばかりで、なかなか面白かった。
スポンサーサイト

| | 14:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サマソニにスティーヴィー・ワンダー!

ボクの中で、夏フェスといったら「勝手にウッドストック」なので、フジロックやサマソニの情報はほとんど見てなかったのだが、サマソニのヘッドライナーは、なんと、スティーヴィー・ワンダーではないかっ!
ピクシーズも出るし、うーむ、見たいぞ。

日程を見ると、スティーヴィー・ワンダーの出る日は日曜で、その日は大阪でC大阪の試合がある。
サマソニは土日開催だから、東京と大阪の出演者がそっくり入れ替わるので、大阪でスティーヴィー・ワンダーの出るのは土曜日だ、で、日曜にサッカー見て帰る。
お、けっこう完璧な作戦かも…
ちょっと、予定を組んでみよう。

| 音楽 | 10:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ACL

ACLは予選敗退してしまいました。
別に相手はガチガチに引いてる訳でも、アウェイな判定がある訳でもなく、普通に負けちゃった。
怪我人や出場停止は痛かったけど、そんなのどこのチームでもあることだから。
過密日程だけど、Jリーグだけじゃなく国際大会を、それも登里や木村や楠神が経験できたのは良かったかな。

残った鹿島とG大阪、頑張ってください。
応援してます。

落ち込んでてもしょうがないので、土曜の湘南戦に気持ちを切り替え。
でも、テセも稲本もいないんだよなぁ…、レナチーニョは大丈夫だろうか?
はぁ…

| フロンターレ | 08:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Mitchトリオ@高円寺ムーンストンプ

昨日は高円寺でライブ。
初めて行ったこの店は小じんまりとしてるけれど、ちょっと一杯飲むのにいい感じ。
この店の前を、それこそ何百回と通っているけれど気づかなかったなぁ。
トイレに入ると山善のポスターが貼ってあって、お、博多から来たんか?、見たいと思ったけど、もう終わっちゃってた。

出演は、トランペットとボーカルがMitchさん、ピアノ小林創さん、ギターがバンバンバザールの富永寛之さん。
すぐに、ブラック・ボトム・ブラスバンドのコウさんが飛び入りし、トランペットが2本に。
後半は、バンバンバザールの黒川さんも飛び入りで5人編成に。

「何やる?」「あれやろ」みたいな感じでセッションが始まる。
勝手にウッドストックの夜中みたいな感じ。
きっちりと楽譜どおりに進むんじゃなくて、その場の雰囲気とか他のミュージシャンの出方とかで演奏が続いていくっていうのは、これぞ、ライブの醍醐味なんだと思います。

8時に始まったライブは、あっという間に11時に。
いいライブだったなぁと、高円寺から歩いて帰りました。

この日はジャズのスタンダードをたくさんやった。
『FOR SENTIMENTAL REASONS』、この曲、メロディも詩もすごくシンプルで好きだなぁ。
『FOR SENTIMENTAL REASONS』といえば、ナット・キング・コールかもしれないけれど、サム・クックのバージョンも良くて、こっちを紹介しようと思ったら、やっぱり、ナット・キング・コールのバージョンもすごくいいので、両方貼っちゃいます。

≫ Read More

| 音楽 | 11:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Wさん

昨日は仕事をさっさと切り上げ、野方のすっぴん酒場へ。
野方には秋元屋もあるけれど、一人でさっと飲んで帰るには立呑が調度いい。
すっぴん酒場は久しぶりで、ご主人に太ったねなんて言われながら、テレビを見ながら飲んでいると、Wさんが入ってきた。

Wさんは生まれも育ちも、この辺りの人で、野方、都立家政、鷺宮、中央線のほうも阿佐ヶ谷や高円寺など飲み歩いていて、地元の酒場にとても詳しい。
新しい店ができたなぁと中をのぞいてみると、Wさんが既に飲んでるとこを、よく見かける。
何度か、いろんな酒場で顔を合わすうちに会話を交わすようになった。
この日もいろいろ酒場情報を教えてもらう。

Wさんも今日は軽くなんでと、さっと飲んで、さっと帰っていった。
ボクは、ホッピー4杯(中4、外2)、串焼き6本、お通しで1900円。
値段もこれぐらいが調度いい。

100427001100427002

| お酒 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

exとfrom

明日は、高円寺で、MITCHトリオのライブ。
出演は、MITCH(TP&VO)、富永寛之(G)、小林創(P)という素敵なメンバー♪

で、ライブハウスのホームページを見ると、富永寛之 g(ex.ban ban bazar)と書かれていて、ボクの中では、exは元いたバンドで、現在活動してるバンドからくる場合はfromだと思っていたのですが、調べてみると、exにもfromと同じような意味があるのですね。

| 音楽 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

有山じゅんじと山岸潤史と細野晴臣と

そろそろおこか~CARELESS LOVE~(DVD付)そろそろおこか~CARELESS LOVE~(DVD付)
(2010/06/16)
有山岸

商品詳細を見る


有山じゅんじと山岸潤史、それにゲストプレーヤーに細野晴臣、この3人でアルバムを作ったと聞けば、聴かずにおれるかと思う。
さらにアルバム発売ツアーで、有山じゅんじと山岸潤史が大阪、京都、名古屋、東京をまわる。(シークレットでもう1箇所あるらしい)
見れずにおれるか。

今日のライブで青山のチケットを売り出してたので早速購入。
前日は福島で八代亜紀を見てくる。
忙しいけど、いい音楽人生を送ってるなあとも思う。

この組み合わせは、もう、いつ見れることやら。
お近くの人はぜひ!

あ、このアルバム、アマゾンなら650円ぐらい割引になってます!

| 音楽 | 23:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ありやまな夜だ

今日は下北「風知空知」に有山さんを見に行きました。
ゲストに中西康晴さん。
いやー、こんな凄いミュージシャンを狭い空間で見れる幸せといったら…

サウスの二人なので、「ぼちぼちいこか」の曲をやると、わぁー本物だぁーと心騒ぐ。
生で見たことないのだ、サウスは。

また、今年中にもう一回やりたいと言ってたので、この組み合わせは見れるかも。
要チェック!

| 音楽 | 22:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鶴瓶噺2010

今日は三茶で笑福亭鶴瓶「鶴瓶噺2010」を見てきました。
これは、落語じゃなくて、ひたすらフリートークで2時間。
次から次へとエピソードが。
フリートークは好きなので、けっこう面白かった。

鶴瓶と言えば、ボクの中では「突然ガバチョ」と「ぬかるみの世界」だ。
「突然ガバチョ」は中学生くらいの時にやってた番組で面白かったなぁ…。
長江健次とか出とった。

「ぬかるみの世界」は日曜の深夜にラジオ大阪でやってた深夜番組。
他の日はオールナイトニッポンとか、あの頃、TBSは番組名忘れたけど、コサキンとか聞いてた。
でも、日曜の深夜って、ほとんど番組やってなかったのだ。
ラジオ大阪にチューニングを合わせ、必死に聞いてたなあ、懐かしい。

「突然ガバチョ」の動画はけっこうあった。
鶴瓶若っ。
この飯島真理は可愛いね。

| お笑い | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リクエスト

Sionのデビュー25周年ってことで、好きな曲を投票し、ベスト10の曲を再録音して発表するという企画があります。
なんと、アルバムジャケットには、この投票をしてくれた人の名前を全員載せるという。
早速、10曲を選び始めますが、250曲以上ある中から10曲を選ぶのが、また大変。
アルバムをけっこう聞き直して、大まかに選んで絞り込んでいくという作業、大変だけど、やたら楽しい。
そういえば、10代の頃に、自分のベストな選曲でカセットテープなんかを作ったのと同じ感覚だ。

こうして選んだのが下の選曲。
果たして、この中から選ばれる曲はあるんだろうか?
とても楽しみです。
投票は下記のURLからどうぞ!
http://tower.jp/pickup_artist/SION

・ガード下
・Slide
・火がつかない
・ガラクタ
・からかうなよ
・Ain't Nothin' I Can Do
・12月
・金魚
・俺の声
・コンクリートリバー

≫ Read More

| 音楽 | 00:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エリツィン

昨日は横浜の短編映画専門館に映画を見に行ってきました。
お目当ては、竹中直人が監督、忌野清志郎と佐藤江梨子主演の「u2」。
ボクの見に行った回は、上映前に竹中直人が来場しトークショーもありました。

トークショーは、竹中直人と忌野清志郎は付き合いが長いので、映画を中心にした思い出話。
いろんなエピソードを聞くと、清志郎って相変わらずいたずら好きだったんだなぁと思う。
ヒロトの弔辞、「数々の冗談、ありがとう。いまいち笑えなかったけど。はは…。今日もそうだよ、ひどいよ、この冗談は。」っていうのを思い出し、少し涙が出た。

トークショーの最後に竹中直人が生声で歌を歌ってくれた。
「サヨナラCOLOR」「いい事ばかりはありゃしない」そして、清志郎が訳したバージョンの「イマジン」。
どの歌声も素敵だった。

映画はちょっとシュールで、よく判らなかったけど、ラストシーンに流れる清志郎の弾き語り「エリツィン」が秀逸。「エリツィン」という曲は撮影中に即興で作った曲で、佐藤江梨子へのラブソングでした。

≫ Read More

| 映画 | 07:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4月の雪

パレードパレード
(2005/05/25)
プリンス&ザ・レヴォリューション

商品詳細を見る


天気予報を見てると関東北部では雪も降るそうだ。
寒い訳だ。

4月の雪というと、プリンスの「パレード」に入ってる「Snow in April」を思い出す。

4月に雪が降ることだってある
ひどい気分になることだってある
命が永遠ならって思うこともあるけど
いい事ばかりは続かない


トレイシーという、たった一人の大好きだった友達が死んでしまい、その彼女のことを想って歌ってる曲。
とても切なくて、プリンスの中で一番好きな曲だ。

この「PRADE」は「クリストファー・トレイシーのパレード」という曲から始まる。
パレードが始まるよ、みんな、来て、来てっていう賑やかな曲、そして、最後の曲がトレイシーの死を扱った「Snow in April」というコンセプトアルバム。
そして、アルバム全体のコンセプトは、たぶん、「愛とは何か?」ってことだと思う。
アルバムを通して、いろいろなラブソングが歌われる。
最後のトレーシーの愛は…、

トレーシーの最後の涙をぬぐってあげる。
トレーシーは自分の痛みのためになんて泣いたことはなくて、いつも愛のために戦い、愛のために泣いていた。
トレーシーが亡くなって、彼女のことを想って、そして今なら、僕もトレーシーみたいに泣ける。
そんな歌だ。
深いよなぁ…、聴いてるこっちの胸まで切なくなる。


Prince - sometimes it snows in april
ã�

| 日々の生活 | 07:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お酒はぬるめの燗がいい

100413001

福島の広瀬座という明治時代に建てられた芝居小屋で「for座rest」というイベントがある。
上の写真が一昨年に行ったときの写真なんだけど、なんとも味のある建築物。
大正時代には映画館としても使われてたそうだ。

この時は細野晴臣さんを見ました。
淡々と細野さんのペースでゆったりした時間が過ぎて、良かったなぁ…
ボクは一昨年に誘ってもらって見に行ったんだけど、その前はUAも出たそうだ。

で、今年、なんと八代亜紀!!
それもジャズをやるそうだ。
で、YouTubeを探してたら、こんな動画をみつけた。
うーん、楽しみ♪

| 音楽 | 00:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旧友

mixiにメッセージが届いてると思ったら、なんと高校の同級生だった。
彼とは、高校の頃、ほとんど毎日のように放課後遊んでいた。
それが高校生の遊びか?と今さら思うけど、家の裏の田んぼで野球やサッカーをしたり、ファミコンしたり、クラスの好きな娘の話をしたり、そんな毎日だったなあ(笑)

彼は福岡に、ボクは東京に就職したけど、一時期、東京に研修に来てる時があって、東京で飲んだりもした。
その頃、下北のボロアパートに住んでた頃だ。
その彼が4月から、また研修に東京に来てるという。
久しぶりに会えるかな?とワクワクしている。

もう一人、友達のhyoさんが、これまた久しぶり帰ってくる。
hyoさんは、ボクが東京に来てできた初めての友達で、いろんなライブによく行った。
エルヴィス・コステロが一人で来日して日比谷公会堂でやったのとか、もう伝説の初来日のストーン・ローゼスとか、全盛期のポーグスをチッタで汗まみれで見たり。

hyoさんを始め、東京に一人で出てきてすぐに、音楽の友達がたくさんできて、それが無かったら、ボクは田舎に帰ってたかもしれない。
それほど大きな出会いだったなあ。
彼等とは、何年会わなくても、連絡とってなくても、どこかで繋がった感がずっとある。

hyoさんはオーストラリア人の旦那さんと結婚して、今はオーストラリアに住んでいる。
彼女とも会えるのが楽しみだ。



≫ Read More

| 日々の生活 | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旅行

広島から帰ってきました。
二日目は宮島観光や競艇場で遊ぼうか、小学生以来の原爆ドーム周辺を回って平和を祈ろうかと思ってたんですが、本降りの雨にやられ、ネカフェで過ごすという、広島まで行って何やってんだ?的な時間の潰し方(笑)。
しかし、無理しないほうがいいのです。
ネカフェで「ジャイキリ」を4巻まで読んだ、面白い!

GIANT KILLING 4 (4) (モーニングKC) (モーニング KC)GIANT KILLING 4 (4) (モーニングKC) (モーニング KC)
(2008/01/23)
綱本 将也

商品詳細を見る



≫ Read More

| 旅行 | 07:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

no title


バンバンバザールが何年も通ってるという「もり」へ。美味しかった~。お店の人もお客さんも地元の人ばっかだから、みんな木村和司のよう(笑)

| モブログ | 12:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あ、拓郎も。

寝る前に、あ、吉田拓郎も広島じゃったと思い出した。

武田鉄矢主演の「刑事物語」という映画がボクは結構好きで、その映画の主題歌が吉田拓郎の歌う「唇をかみしめて」という曲だ。
歌詞も広島弁。
このシングルレコードを持ってたはずで、B面がツルツルで音の入ってない片面のEPだった。
実家のどっかにあるかなぁ。

「刑事物語」、人間臭くてベタだけど、久しぶりに通して見たくなった。

| 日々の生活 | 05:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

広島

明日、いや今日か、広島へ。
広島に行くのは…、実は小学校の修学旅行以来だ。
その時は、原爆ドームや平和公園、宮島、岩国の方で錦帯橋などに行った。
しかし、一番記憶に残って、しかも楽しかったのは、広島市民球場でプロ野球を初めて生で見たこと。
まだ山本浩二も衣笠も北別府も現役だった。
対戦相手は、確か大洋ホエールズだったと思う。
広島にライトルという選手がいて、声援を送ったら、手を振ってくれて、あれは嬉しかったなぁ。。。

ってことで、1泊なので、さして荷物もなく準備も終わった。
旅行に行く時、その土地っぽい音楽をiPodに入れて行く。
こないだの名古屋は、それで困って…、というのも、名古屋で思い出すのがスタークラブと原爆オナニーズくらいしかなくて…

今回、広島で思い出すのは、こんな人達。
でも、秀樹は持ってないなあ…

≫ Read More

| 日々の生活 | 00:51 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おすすめライブ

今年も、ふちがみとふなとが神楽坂の劇場シアターイワトへやって来ます。
ここでのライブ、やたらリピーター率が高いらしい。
なぜなら…、いいんだな、開場の雰囲気とふちがみとふなとが合ってて。
主催がmugimaru2という饅頭カフェ屋さんなので、饅頭付きです!

ライブの詳細
http://www.mugimaru2.com/

楽しみだな♪


| 音楽 | 00:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

多摩川クラシコ

昨日の試合を振り返ると、FC東京は鈴木、石川のスピードある攻撃と前線から追いかけまわすプレスが良かった。
見てて、いつ、DFを突破されるかドキドキしてた。
前半でいえば、ワンチャンスで川崎が得点したものの、FC東京のシュートも何本もバーに当たり、FC東京にも得点チャンスは何度もあった。
前半、川崎のシュート6に対し、東京は8、テセの得点後のボールポゼッションも高かった。

しかし、後半、勝負にでた東京が中村を下げ、鈴木を下げた。
これが勝負の分かれ目だったように思う。

前半は平山のポストプレーと鈴木、石川の突破、ミドルシュートと気をつけなければならないとこがいっぱいあった。
しかし、メンバーチェンジ後、平山に当てるシンプルな攻撃になったので、そこを確実に摘んでカウンターという川崎の思惑がぴったりはまった。
これで、楽になったもん。

最後の最後で点は取られたものの、後半、川崎のシュート11に対して、東京4と完全に押さえ込んでいる。
できれば、後半にもう1点入ると良かったけれど、最後の勝負がどうなるか判らないようになるのは、多摩川クラシコらしいっちゃそうかも(笑)

それにしても、今シーズン、稲本を獲得してホントに良かった。
相手が取られないようにボールを回してるとき、スルスルっと上がってインターセプト、そのままドリブルで持ち込んでミドルシュートという場面が何度もあった。
あのインターセプトはぜひ見て欲しいと思うのだなあ。
タイミングが絶妙。
小宮山もとって良かったと思うけど、でも、もっと、できる子だと思うから、まだ褒めないよ(笑)

≫ Read More

| フロンターレ | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SUNDAY MORNING

電車は動かないわ、忘れ物するわで仕事をずる休みするっていう夢で目が覚めた、まだ日曜の朝だというのに。
サザエさん症候群のもっと早いやつだろうか?(笑)

こんな気分にぴったりの歌、Velvet Undergroundの「Sunday Morning」

| 日々の生活 | 11:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |