浮き沈みの毎日

3年遊んで 3年笑って 3年眠って 10年踊る♪

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ブルームーン

100330001

今日はブルームーンだそうだ。
ひと月のうちに2回目の満月をブルームーンって言うんだ。
月って約29.5日で満ち欠けを繰り返すので、月の最初に満月だと月の最後に満月になる。
でも、これは稀な事で、3年から5年に一度しかないそうだ。
それが、今年はさらに稀な年で、1年に2回もブルームーンがある。
一度目は1月だった。

ちなみに、ブルームーンを見ると幸せになれるという。
時間のある方、空を見てみてはどう?
すごく綺麗だよ。

「ぶるうむうん」Sion
スポンサーサイト

| 日々の生活 | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ライ・クーダーとチーフタンズ

San Patricio (W/Dvd) (Dlx) (Dig) (Ocrd)San Patricio (W/Dvd) (Dlx) (Dig) (Ocrd)
(2010/03/09)
ChieftainsRy Cooder

商品詳細を見る


チーフタンズとライ・クーダーのCDが発売されたので早速購入。
輸入盤は通常盤とDVD付の初回限定盤があり、あと日本盤もある。
しかし、日本盤には解説は付いているが歌詞訳が付いてないから、高いお金を出して日本盤を買うこともないかなあと思います。ボクはDVD付きのを。

1846年から1848年の間、アメリカとメキシコの間で戦争があったそうです。
当時、スペインからやっと独立したばかりのメキシコですが、情勢不安が続き、それに便乗したアメリカが、当時メキシコ領だったテキサスを独立させ、さらにアメリカと併合してしまった。
それをきっかけに戦争となる訳ですが、その時、アメリカ軍の中からメキシコに味方し、アメリカと戦った人達が500人も現れたそうです。
彼等はSan Patricio(聖パトリック大隊)と呼ばれ、そのほとんどがアイルランド人だった。

メキシコに味方した理由は、宗教や差別だったみたい。
戦争の結末はアメリカの勝ちで、テキサスだけでなく、ユタ、ネバダ、カリフォルニアもアメリカに取られ、聖パトリック大隊は全員処刑されたという。
アメリカからは裏切り者と扱われているが、メキシコやアイルランドでは勇気ある英雄として人気が高い。
この歴史を伝えるために作られたのが、今回のアルバムです。

ライ・クーダー、チーフタンズとメキシコのミュージシャンとで演奏された曲。
ライ・クーダーは元々、世界中のワールドミュージックを取り入れてきたし、チーフタンズがやっているアイリッシュ音楽は、それこそ世界中に広がり、各地の音楽として根づいています。
なので合わない訳がない。
ブエナビスタとはまた違った感じで素晴らしいアルバムになっています。
おすすめ!!

| 音楽 | 20:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

清水戦

情報をシャットアウトして録画してあった川崎vs清水戦を見る。

どちらにも勝つチャンスはあったと思う。
そして、どちらも決定機を決めきれず引き分け。
試合内容的には清水のほうが良かっただろうか、それでも1点決めてれば勝てた試合だった。

川崎はACLの関係で週に2回のペースで試合。
やっぱりバテてきているのが判る。
もう少し、先発メンバーを入れ替えたほうがいいのではないか?
それでなくても、今のシステムはハードワークしなきゃ機能しないのだから。

横浜戦が0-4、メルボルン戦が4-0、清水戦が0-0、ちょっと、やっぱり攻撃と守備にムラがあるね。
今週もオーストラリアを往復して、メルボルン戦、週末にはFC東京戦とハード日程。
がんばれ!!

| フロンターレ | 06:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

立川談春25周年独演会  東京厚生年金会館

東京厚生年金会館で立川談春25周年の独演会を見てきました。
東京厚生年金会館って、今月で閉館しちゃうんですね。
知らなかった、確かSionはここで見たよなあ…、あと2~3回は来たような…

落語家の独演会で初めてこのホールを使ったのが談志だそうだ。
そして、談志の弟子が最後を締める、繋がっていきますね。
ちなみに、さだまさしと松山千春のコンサートがこのあとあって、幕引きだそう。

談春にとっては、もう1つ、このホールに思い出があって、それは志ん朝だそうだ。
2つ目の時に前座で呼ばれて、それが志ん朝、小三治の会だったと。
談春に限らず、志ん朝のエピソードは、どれも男気があって、かっこいい。

演目は
「粗忽の使者」
「愛宕山」
「たちきり」

「たちきり」は前売りから発表されていて、これは笑うところのほとんどない噺だから、粗忽者か与太郎噺かなあとは思ってました。
「愛宕山」は志ん朝の得意ネタ。
そして、「たちきり」へ。

≫ Read More

| 落語 | 06:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

多摩川クラシコ

100327001100327002

来週は多摩川クラシコ。
今回は、それぞれのキャラクターが凶悪な感じにディフォルメされてます。

| フロンターレ | 10:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダブルブッキング

今度の土曜日は小野が加入した清水戦、しかし、ダブルブッキングで、今季初ホーム欠席。
去年もホームで唯一行けなかったのが清水戦で、この時は沖縄旅行中でした。
清水戦になぜか縁がないな。
BSで中継されるので録画して、モバフロの速報メールも見ないようにしよう・・・。

ダブルブッキングのもう一つは、立川談春の25周年スペシャル独演会。
演目は「たちきり」
落語会というのは、どっちかといえば、演目を出さずに当日判るということのほうが多いのですが、今回は前もって発表されてます。
「たちきり」というのは、江戸時代の男女の悲しいラブストーリーで、笑うところは、ほとんどないかも。
でも、どう演じるか、とても楽しみです。

≫ Read More

| 日々の生活 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ディラン来日ツアー

ボブ・ディランのライブに行ってきました。

最初出てから、曲紹介もMCもサンキューもなく、ひたすら演奏し続ける。
メンバーもディランを常に意識しながら演奏しているように感じる。
別に客を意識してないって感じじゃないんだけどね。
でも、もしかして、The BANDとの「THE BASEMENT TAPES」とかって、こんな雰囲気でセッションしてたのかもしれないなんて思った。

圧巻は、「 Highway 61 Revisited」、ボクの中では今日のベスト。
ものすごいグルーヴだった。
良かったな、見に行って。
「Like A Rolling Stone」も「見張り塔からずっと」も聴けたし。

ビデオは、珍しい神様とボスの邂逅

| 音楽 | 00:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チャリ坊!

ピクチャーズ・フォー・プレジャーピクチャーズ・フォー・プレジャー
(1995/10/04)
チャーリー・セクストン

商品詳細を見る


ボブ・ディランのバックバンドにチャーリー・セクストンがいた。
彼は17歳でデビュー、ボクの1個上だから高校生の時に彼を知りデビュー作はよく聴いていた。
あの頃から甘いマスクで、チャリ坊と呼ばれてたっけ。

ボクとは違って、40過ぎても全然太ってなく、顔も渋くなってて、なんてステージ映えするんでしょう。
ディランよりも目を奪われちゃいます(笑)
(それもあるのか?彼は目立たないようにしゃがんでギターを弾くことが多かった)
ディランのバックも、もう10年以上やってるよう。
良かったな、彼を見れて。


| 音楽 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おやすみ もうすぐ逢える

日本の人日本の人
(2006/01/25)
HIS細野晴臣

商品詳細を見る


忌野清志郎の「おやすみ もうすぐ逢える」という曲があって、何気ない歌だけど、すごくいい曲だなあと思うのだ。

例えばタイトルが「おはよう もうすぐ逢える」だったら、これは判りやすい。
起きて逢いに行くのだ。
しかし、「おやすみ もうすぐ逢える」というのは、寝るのにもうすぐ逢えるって何だろう?と思う。
すると、こう歌いだされる。

今夜から僕は 窓の鍵をかけずに眠る
僕の夢が 窓からはい出して 君に届くように




≫ Read More

| 音楽 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Fútbol es como la vida

Fútbol es como la vida、サッカーは人生のようなものという意味だそうだ。
ボクはわりかしノホホンと生きてきたから、フロンターレほどドラマチックではない(笑)
しかし、ほんとに一喜一憂させてくれるチームだ、いい意味でも悪い意味でも…

今日はACLの予選、オーストラリアのメルボルン・ビクトリーとの試合。
すでに2敗しているので、もう勝つしかないのだが、気になるのは前の試合でマリノスに4-0と崩壊した守備。
しかし、今日はしっかり機能し、さらに前半3点をたたきだし、楽勝ムード。
が、前半、最後のところでテセがレッドカード、後半10人で戦うことに。

後半押し込まれるとこもあったけど、一人少ないのを感じさせない試合内容だった。
最後の最後で谷口がダメ押し、一人少ない状態で追加点まで挙げて完勝ですな。

一番効いてたのがレナチーニョのドリブルやフェイント、オーストラリアの選手をキリキリ舞いに。
その分、試合が粗くなってイエローカードの多い試合になってしまったけど。
しかし、スピードとテクでは上まっていたから、楠神や登里をもっと長い時間使っても面白いと思う。
次はテセが出場停止だし、矢島も戻ってこれるか判らないし。

| フロンターレ | 00:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

終りは はじまり

昨日は日産スタジアムでサッカーを見たあと、転勤で九州に帰る先輩の送別会へ。

サッカーは攻撃的なシステムをとっているので、打ち合い覚悟なのだけれど、打ち合いもできずに一方的に負け、結構へこむ。
まあ、4-3で負けるよりは、ちゃんと課題を見直す機会になってよかったのか?などと、やけっぱちの前向きになってみたりするw

で、送別会へ。
職場でバレーボールをやってた時の仲間、久しぶりに集まった。
もう出会って20年近くになる人達で、バレーだけでなく、若い頃はいろんな所へ遊びに行ったり、バカみたいにお酒を飲んだりした仲間。
みんな年をとったねなんて、昔話が笑い話になって楽しい時間が過ぎていきました。

やっぱり、この季節というのは、出会いと別れが多い。
寂しさもあるけれど、死なない限り永遠の別れでもないし、出会いと別れを繰り返すのが人生さという気がします。
佐野元春に「グッドバイからはじめよう」という歌があるのだけれど、こういう心境を扱った名曲。
終は始まり。


| 日々の生活 | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

APPLEサポート

Time Capsuleの電源が突然入らなくなって、ようやくサポートセンターへ電話してみた。
Time CapsuleというのはAppleが出しているハードディスク兼無線ルーター。
うちでは無線LANの構築とデータのバックアップを任せています。

サポートセンターの担当は非常に丁寧で、症状を伝えると、どうしたいか聞いてきた。
保証期間が切れているが、なおせるもんならなおしたい。
しかし、それも費用による。
何万も出すなら、新しいルータとバックアップを考えたほうがいい。
ってなことを伝えると、ちょっと社内でかけあってみますので時間をくださいとしばし待機…

すると、新品と交換させて頂くということでいかがでしょうかというので、願ったり叶ったりで交換依頼。
幸いにもMac本体のデータは生きているので、Time Capsuleの中のバックアップデータは特に必要ない。
満足、満足。

しかし、機械はいつか壊れる。
それに備えることも重要だけど、全てをカバーするのも難しい。

| mac | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

古巣との対戦

さて、明日は横浜Fマリノスとの一戦。
去年、一昨年とリーグ後半の巻き返しで優勝戦線に絡んでますが、やはり痛かったのが序盤、勝ち星を積み重ねることができなかったこと。
なので、今年の当面の目標は開幕ダッシュ。

中村憲剛、ジュニーニョ以外にも怪我人続出の中で、開幕2連勝は上出来ですが、開幕ダッシュというには、まだまだ連勝を伸ばしたいとこです。

怪我人続出の中で、なんとかやってこれてるのは、今年加入の稲本、小宮山の存在が大きいと思う。
今年は、ほんと、いい補強をした。

明日は、その小宮山の古巣との対戦。
優勝するためにマリノスを飛び出して来たんだから、小宮山の選択が正しかったことを証明するためにも、明日はきっちり勝ちたいですね。
小宮山が左サイドをガシガシ突破することを期待!!

| フロンターレ | 11:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

佐野元春30周年前夜祭

100319001

昨日は、佐野元春30周年前夜祭でした。
今年、30周年を記念して、いろいろなイベントが計画されているようで、この日はライブ+公開記者会見という内容でした。

ボクは、コアなファンではないけれど、中学、高校の頃はたくさん聴いて、たくさん影響を受けた。
佐野元春という人は、古いものの知識もあるし、しかし、それに凝り固まらないで、新しいものをどんどん取り入れていく人だなあと思う。
ブルース・スプリングスティーンやエルヴィス・コステロ、ラップミュージックにビート文学、ポエトリーリーディングなどなど、ボクが知識もない10代の頃、そこに入り込んでいけたのは、佐野元春という人が日本のティーンエイジ向けに正しく変換してくれてたのが、実はすごく大きいんだろうなあと思うのだ。

この日のライブ+記者会見も、TwitterやYouTube、インターネット放送など駆使して行われていた。
音楽ダウンロードについても、何か人間的な温かみを取り入れることができないかなあと思っているそうだ。
30年、おめでとう。
そして、まだまだ新しい試みにチャレンジしていく姿を楽しみにしてます。

| 音楽 | 10:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

都立家政「七彩」のトマトタンメン

100312001

「七彩」でトマトタンメン。
この店、実はうちのすぐ近くにあるのだが、まだ3回くらいしか入ったことがない。
というのも、だいたい並んでいるからだ。

元々は喜多方ラーメンだった気がするけど、いつのまにか夜は別メニューの東京ラーメンになったり、江戸味噌ラーメンになったり、しかし、人気は落ちることなく行列のできる有名店になってます。

今日は変わったところでトマトタンメンを。
たっぷりトマト、レタス、チャーシュー。
スープはトマトの風味たっぷり。
これをラーメンとかタンメンと呼んでもいいものか迷うけれど、美味しかったです。
これ、以外にはまるな…。

| グルメ | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガールズロックバンド

下北でガールズバンドばかり出演するライブを見てきました。
出演は、キノコホテル、Noodles、Tokyo Pinsalocks。

やはり、一番勢いがあるのがキノコホテル。
彼女達は、キノコホテルの支配人と従業員というコンセプト。
キノコっぽい髪型、ホテルのポーターっぽい服、60年代なサウンドで、古いけど何周か回って新しいみたいな感じ。
コンセプトがしっかりしてて面白い。
機材を吊るしてる天井の棒に捕まって、キーボードを足で演奏…、いや、ブーツで踏みつけるという過激な演奏も。

Noodlesも久しぶり見た。
15年振りくらいかなあ。
今、ペティブーカの二人は昔、フラメンコ・ア・ゴー・ゴーというガレージバンドをやっていて、あとロリータ18号とかメンボーズとか、その頃、いいガールズバンドがいっぱいいた。
Noodlesは、ボクの中では、ティーンエイジ・ファンクラブである。
轟音ギターポップに胸が切なくなる詩。
ちょっと年をとったけど、相変わらずだった。

Tokyo Pinsalocksは、なんだろ、キノコホテルほど古くなく、しかし、今の音楽でもなく、ちょっと中途半端な気がした。
やってる音楽は面白いのだけれど…ドラムはいいっ!





| 音楽 | 00:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ケンゴのユニ

リーグがいよいよ開幕しました。
練習前に、会場に来ていた憲剛の姿がスクリーンに映し出されると場内に歓声、そして憲剛コールへ。
そして、それだけではなかった。
選手入場時には出場選手がみんな憲剛のユニフォームを着て入場!
いいチームだよなぁ、泣けてくる。

≫ Read More

| フロンターレ | 10:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロックンロール、やってます

100307001

ロックンロール、やってます

金曜日は吉祥寺スターパインズカフェで友部正人&三宅伸治のライブでした。
「ロックンロール、やってます」というライブアルバムが出たので、その記念ツアーの初日。
このあとは名古屋、京都、大阪、横浜、香川とツアーが続きます。
ライブ前と休憩中には、ずっどデイヴ・エドモンズの曲が流れてて良かったな、大好きデイヴ・エドモンズ。

アルバム自体も去年の夏に二人、このスターパインズカフェで録音したものがほとんど。
ギターとブルースハープと、曲によってドラムマシーン、シンプルだけどその分、声や言葉が響く。

「一本道」の最後のとこで友部さんが歌詞を間違えた。
普段、一人で歌っているのを、交互にボーカルとったりすると、調子が狂うのかな?
このアルバムの中に、友部さんが泣いてるポーズをして、三宅さんが笑ってピースをしている写真があります。
去年の夏のライブでも友部さんが歌詞を間違えて、その時の写真だそうだ。

「ロックンロール、やってます」、いいタイトル。
友部さんは5月で還暦だそうだ。
ニール・ヤングもそうだけど、元気にロックンロールやってんのは、なんか年上の人ばっかだ。
頑張れ、若者!
最後はボブ・ディランの「LIKE A ROLLING STONE」、まだまだ転がり続けてくださいね。

≫ Read More

| 音楽 | 09:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いざ、開戦!

スカパー ! TVガイド 2010年 03月号 [雑誌]スカパー ! TVガイド 2010年 03月号 [雑誌]
(2010/02/24)
不明

商品詳細を見る


いよいよ開幕、でも、天気は微妙・・・。
雨の中、並ぶのはツラいなあ・・・。
しかし、雨だからこそ、屋根のあるいいとこで見たいし。

| フロンターレ | 12:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウイイレ

Jリーグウイニングイレブン2009 クラブチャンピオンシップJリーグウイニングイレブン2009 クラブチャンピオンシップ
(2009/08/06)
PlayStation2

商品詳細を見る


ウイニングイレブンって、選手データを更新できればいいのに・・・。

シーズンが終了すると選手の入れ替えがあるので、できるだけ現状に近づけようとする。
一応、移籍交渉ができるようになっているんだけど、小宮山に何度移籍をもちかえても断られるし(笑)、稲本は検索してもみつからないぞ!
もちろん新人君達もデータがない。
稲本は、レンヌとの関係で名前出せなかったのかなあ?

他のチームも入れ替えがあるので、今年のチーム編成でゲームをやりたい。
そのたびにソフト買ってるけど、それも・・・。

ところで、うちのウイイレでは黒津が絶好調!!
得点、決めまくり。
黒津、覚醒しないかなぁ・・・。

| ゲーム | 12:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もつマニア

もつマニア (ホピオシリーズ)もつマニア (ホピオシリーズ)
(2010/02/20)
浜田信郎

商品詳細を見る


本屋で見かけて買ってみると、「居酒屋礼賛」の浜田さんの本でした。

そもそも、ボクが現在の住所に引越してくる時、街の情報を仕入れるためにネット検索をしてたら引っかかったのが、浜田さんのホームページでした。
そこから「竹よし」や「魚がし寿司」など行くようになり、同じく「居酒屋礼賛」の読者であった秋元さんが「秋元屋」を立ち上げ、ボクもチェーン店にはめっきり行かなくなり、大衆酒場をまわるようになったのでした。

この本は、都内近郊のもつ焼き屋さんの簡単な情報が載ってます。
その店にあるメニューやおすすめ、値段、ちょっと注意したほうがいいことなどなど。
なので、初めて行く店のプチ情報としては、すごくいいです。

| | 12:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

突然の雨

天気予報は曇だったのに、帰宅途中で雨が降り出した。
職場と家の中間くらいだったから、自転車を置いていく訳にもいかず、そのまま濡れながら帰宅。

自転車の通勤の時、寒さのピークを越してから、ユニクロのスポーツジャケットというのを着てる。
商品こちら↓
http://store.uniqlo.com/jp/CSaGoods/276492-69-004#colorSelect

なんか、ジャージの薄いのって感じなんですが、撥水、防風、通風性が高いと書いていた。
確かにそう!
薄くて動きやすいのに風を通さないから、自転車乗っても寒くないし、今日の弱い雨程度じゃ、水を通さなかった。
見直しました、ユニクロ。

≫ Read More

| 日々の生活 | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Jリーグ公式ブログパーツ

設置してみました、左のほう。

順位や日程が表示されます。

ちなみに、他のチームの仕様にもできます。


詳細は、
http://www.j-league.or.jp/tool/download/blogparts/

| フロンターレ | 18:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

3月

さて3月です。
そろそろ啓蟄、虫も草木も動物も本格的に活動しはじめるように、ボクのスケジュール表も賑やかになってきました。

今週は、有山じゅんじ+中西康晴、立川談春、サンフレッチェ広島戦(アウェイ)、吾妻光良&スウィンギンバッパーズ、小沢健二のチケット発売がある。
談春とオザケンは瞬殺だろう、きっと。

そして、今月見に行くライブ&サッカーを数えてみると、

<ライブ>
・友部正人&三宅伸治
・キノコホテル、Noodles、tokyo pinsalocks
・笑福亭鶴瓶、柳家権太楼
・佐野元春
・ボブ・ディラン
・ギターパンダ
・立川談春

<サッカー>
・新潟戦
・ACL予選
・名古屋戦
・横浜戦
・ACL予選
・清水戦

すげー、今月、超忙しい。
しかし、談春と清水戦はダブルブッキング中・・・。
談春は25周年特別興行で「たちきり」をやる。
清水は小野が入ったし・・・。
清水はアウェイでもあるから、談春にかたむいているけど、清水のアウェイでいい思いしたことないしなあ・・・。

| 日々の生活 | 12:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |