浮き沈みの毎日

3年遊んで 3年笑って 3年眠って 10年踊る♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

CD

明日リリースされるホフディランの新曲は、無料DLだそうだ。
HPを見ると、「CDは売れない」「定額配信サービスの時代に移りつつある」「とにかく、たくさんの人にどうにか聴いてほしい」というようなことが書いてある。
CDは売れなくなったと聞くけれど、ほんと、そんなに売れないんだね。あるミュージシャンが本音か冗談か判らないけど、「CDよりTシャツのほうが売れるし儲かる」なんて言ってたのは現実かもしれないが、少し悲しい。
僕もApple Musicには加入している。
それはそれは便利だけれど、若い時に、なけなしの金でレコード買って、感動したり、影響を受けたり、失敗したなぁと思ったりする経験が、やがて血となり肉となるのですよ、たぶん。

http://hoff.jp/2015/09/post-232.html
スポンサーサイト

| 音楽 | 04:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恒例、勝手にウッドストック

これから相模湖に行って、湖と森の中でお酒を飲みながら、3日間、音楽聴くだけの生活。
そして、チャボが相模湖に戻ってくる!
嬉しーーーい!
   学校は卒業したけれど
   ハッピーバースデイは重ねてるけど
   何を卒業したんだ・・・
何も卒業してないよね。
今でもチャボや清志郎やヒロトやマーシーやSion聴いて、泣いたり笑ったりしてる毎日だ。

| 音楽 | 07:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Late for the sky

変な時間に目が覚めて、朝はまだ先だけど、もう眠くないなーって時に聴く音楽。
こういう時には、周りの迷惑にならないような、それでいて、本読んだりネットサーフィンするのにも邪魔にならない、で、一番大事なのは、夜の雰囲気を壊さないような音楽。

よく聴くのは、カウボーイ・ジャンキーズで、彼女の声は、夜中の静寂がとてもよく似合う。
あと、ジャクソン・ブラウンの「Late for the sky」もとてもいい。。

下に貼ってあるのが曲とアルバムジャケットなんだけど、この絵は、ちょっと不思議な絵で、家の灯りや街灯、庭の木々の暗さから夜っぽいのに、遠くの空は晴れている。
歌詞は、1つの愛の終わりを歌っていて、あ、バレンタインに紹介するような曲じゃないかw
でも、この青空が、悲しい愛の終わりも、二人の未来はそんなに悪くないようなことを表している気もして、いいジャケットだなーって思います。

まあ、なんつったって、この曲、デヴィッド・リンドレーのギターが無茶苦茶いいのよ。しみる。

| 音楽 | 08:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マーシー

一之輔のラジオに出演したマーシー(クロマニヨンズのほうね)の回を聞いた。

落語の話、ホッピーが好きでナカはやっぱり金宮だとか、ナポリタンを作るのが好きだとか、共感できる話がいっぱい。
マーシー、去年、フロンターレのファン感謝デーにも来てるしな、フロンターレの曲書いてくれないかなぁ・・・

| 音楽 | 16:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

佐野元春「VISITORS」


佐野元春の「VISITORS」が発売されて30年だそうだ。
このアルバムには日本中がびっくりしたのだ。
これまでの佐野元春とは全く違う音(今、聴くとそうでもなくて、佐野元春らしさは随所にあるんだけどね)、日本ではまだ「そんな音楽がアメリカにあるんだ?」くらいのヒップホップやラップを取り入れた作品です。日本初のヒップホップアルバムなんて言われてますが、ちゃんと商業的ベースに乗ってるものとしてはそうなんじゃないかな。

当時、私は15歳でしたが、やっぱり衝撃でした。
これで佐野元春のファンをやめた子も周りにいたほど。
でもねえ、俺は「なんか、これはこれで、かっこいいかも」と思ったなぁ。中でも「COME SHINING」は歌詞も歌い方もリズムもすごくかっこよかった。ヒップホップはそんなに詳しい訳ではないけど、このアルバムを超えるヒップホップ作品はまだないもの。

たぶん、これをリリースする時、佐野元春はいろんな人から批判されるのも覚悟してたんだと思う。それでも、付いてきてくれる「君」と「NEW AGE」に行こうと。
そんな事を、アルバム最後の曲「NEW AGE」を聞き直してみて思った。


昔のピンナップはみんな
壁から剥がして捨ててしまった
誰も判ってくれない
誰も気付いてくれない
君と今夜は闇をくぐって小舟を漕ぎ出したい
それが人生の意味

| 音楽 | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT