浮き沈みの毎日

3年遊んで 3年笑って 3年眠って 10年踊る♪

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ミラクル!

1点先制され、後半も残り6分。正直、負けも覚悟したが、そこから2点をたたきこんで大逆転勝利!
フロンターレは、よく、こういう劇的な勝ち方するから、見に行くのをやめられん。

ミラクル、ミラクルってことで、スモーキー・ロビンソン&ミラクルズw
この歌、大好きな曲です。
元カノに向けて歌っているんだけどね、ジョークなんか言って明るくふるまっているけれど、近づいてよく見てごらん、涙の跡が見えるからってな内容です。
ファルセットボイスがたまらん。

スポンサーサイト

| フロンターレ | 19:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スタジアム見学ツアー

等々力競技場が改修中ってことで、ホーム開幕戦は国立競技場で開催。
企画大好きなフロンターレなので、国立競技場見学ツアーに参加してきました。

まだ選手が到着する前のロッカールーム、ユニフォームと練習着が入ったケースとスパイクが並んでいる。スパイクは選手によって何足もあったり。
国立競技場はロッカールームが大きいのと小さいのと2つあって、ホーム側が大きい方を使うそうだ。
ちなみに、2007年、ガンバとのナビスコカップの決勝戦、試合が終わって優勝したガンバのロッカールームから、フロンターレのロッカールームまでシャンパンの匂いが伝わってきて、大変悔しい思いをしたそうだ。

他にも皇室の方用のロイヤルシート、スポンサー用のラウンジ、記者会見の部屋など普段目にすることのないところを見て回った。
そのあと、ピッチに降りて、練習風景を見る。
やっぱディフェンスの選手はでかい。
トラックに立っているポールは、日本で初めてオリンピックで金メダルをとった織田選手が、3段飛びで飛んだ長さと同じなのだそうだ。15m21、それを3歩で飛ぶなんて凄いね!1歩で5m以上飛ぶってことでしょ?
そのほかに、見には行かなかったけど、陸上トラックの地下にトイレがあって、競技中に素早くできるように女性用も立ったままできる便器だそうだ。
いやー面白い企画でした。
勝ってればもっと良かったけどねー

| フロンターレ | 12:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鬼門突破!

アウェイ新潟戦に行ってきました。
なんとアウェイに乗り込むこと13年間、12敗1分と全く勝てなかった新潟戦、ボクはそんな昔からじゃありませんが4回目の挑戦。

冷たい雨の降りしきる中のゲームでした。
屋根のある席で観戦したのですが、今度は電光掲示板がよく見えないので、選手紹介があったんだか、なかったんだか?試合途中も新潟の選手は誰が交代したんだかわからない状態。
新潟の選手がイエロー2枚で退場したのも、よくわかってませんでしたw

新潟も残留目指して必死な状態。
前線からのプレスが激しい。
川崎は、この前線からの激しいプレスに、どうも弱いような気がします。
結局、我慢できずに、出すところなくなって、ぽーんと前線に蹴り、それを拾われて・・・、というのが悪いパターン。
じっくりいなして相手の体力と気力を奪うところと、セーフティファーストのところを、相手の気迫に負けずにやれるといいと思うけどなぁ・・・。

試合は0-0のままアディショナルタイムへ。
今日は引き分けか・・・、まあ勝ち点1を積み上げただけでも上等かなと思ってた終了直前に、小林悠がゴール、もうアウェイの客席は歓喜の渦、涙涙の初勝利でした。


| フロンターレ | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

初麻生

0121627001

今日は川崎フロンターレの練習場麻生グランドに行って来ました。
小田急線の栗平駅から歩いて2~30分くらいのとこ。丘の上なので、歩いていくだけでも結構いい運動になります。

試合直前のアップなんかは見るけれど、こうしてプロの練習を見るのは初めて。
怪我をしてる選手が、ランニングを始めたり、ボールを使った練習をしている姿が見れて良かった。
間近で見ると、シュート、速っえーーーとか、パスワークとか、相手の外し方とか面白かった。

| フロンターレ | 18:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世界で一番幸せなスタジアム

趣味が音楽とサッカーと落語で、暇さえあればそれらを見に行っているんですが、この土日は全てが揃って、さらに全てがすんごく良かった。

まずは土曜日にサッカー。
この日はホーム等々力に首位ベガルタ仙台を迎えての試合。
フロンターレは監督がシーズン途中で解任、交代とスタートで躓いた感がありますが、1位の仙台が独走しているだけで、2位以下はゴチャっとしています。首位との差を縮めて、いい順位でこのままいけば、後半になってチームができてきて、怪我人も帰ってくれば初のタイトルも!なんて希望も見えてきました。

そして、この日、なんとも素晴らしかったのがスタジアムの雰囲気。
普通、サッカーの試合では、サポーター同士のトラブルを避けるため、スタジアムの中は分断されて行き来ができないようになっています。
また、特定の場所では、空いてチームのグッズやそれを彷彿させる色のものを身につけることさえできません。
しかし、仙台と川崎のサポーターは繋がりが深いので、そういうものも全部取っ払っていました。
試合前、スタジアムのいたるところで、仙台と川崎のサポーターが一緒に買物したり飲食したり試合前を楽しんでいました。
試合が終わると、お互いに相手チームのコールも。
安全なスタジアムと言われている日本でさえ、こんなことは仙台と川崎だけじゃないでしょうか。
本当に世界に誇れる空間がそこに広がっていました。

試合は先制したものの、同点に追いつかれ、逆転され、しかし同点に追いつき、ラスト、アディショナルタイムで逆転ゴールというドラマチックな展開でした。
最近、姿を消してたのですが、ドラマチックな展開が多くて等々力劇場といわれたフロンターレのホーム試合が戻ってきた感じです。

9月頭、仙台、必ず行きます!

動画は、震災の後、川崎サポーターが仙台サポーターに贈ったフラッグを仙台サポーターが掲げ川崎フロンターレコール。
そのお返しに川崎サポーターからベガルタ仙台コールと応援歌が起こったところ。

| フロンターレ | 20:27 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT